« いよいよ・・・ | トップページ | アイスランド (Akureyriアクレリ) »

バカンスの報告 

お久しぶりですー。

もう前回いつ書いたのかも私自身忘れるくらい久し振りに感じてます。

実際、今回のバカンスはとても充実していて丸1ヶ月オスロを離れていたのと、短期間のうちに北から南への移動は色んな意味でどちらの旅をも印象深くさせてくれました。

バカンスは、大きく分けると、

  1. クルーザーでシェフと共に仕事(行き先・・・アイスランド)
  2. コルシカで釣り
  3. トゥールーズでジョスの家族に会う

と3つに分かれるので、少しずつそれらを報告してゆきます。o(_ _)o

さて、7月12日からレストランは1ヶ月のバカンスに入ってましたが、私とジョスは翌日からクルーザーでの仕事が控えていたのでスーツケースの用意や材料・器具の用意でバタバタしてました。

13日すべての荷物を空港へタクシーで運び、クルーザーが待つベルゲンへ飛び立ちます。

ベルゲン空港から港へ向かい入船の為パスポートを探すと・・・・無い~(ノ;´Д`)ノ自分がこんなアホな事をするとはショック!と同時に皆の冷たい視線が・・・。それもそう、後2時間後には船は出港してしまい、そうなればすべてが水の泡。

どこに忘れたのかははっきり覚えていて、おそらくこの朝飲んだ酔い止めが強烈に眠気を襲って飛行機の席の前ポケットに入れて取り出すのを忘れてとジョスに説明しても言い訳にしか聞こえずめちゃめちゃ怒られました。(その後信用無くしてパスポートはジョスが毎回キープすることになる)

シェフが空港に連絡をすると幸いにも乗った飛行機は飛び立っておらず、すぐに見つかって空港へ取りに戻り一件落着,これはかなり焦った出来事でした。

ベルゲンの穏やかな海を出航し翌日の朝8時に停泊したのはノルウェー北西のGeirangerというフィヨルドの真ん中でした。

ここはノルウェーで第3番目に大きい船着場で夏のシーズン中には160隻ものクルーザーを含めるボートやヨット等が行き来するようです。

ノルウェーのフィヨルドは2005年にユネスコ世界遺産に登録されており、特にソグネ・フィヨルドは世界2番目に大きいフィヨルドです。Geirangerに恒常的に生活している人口はわずか250人と少ないのですが、毎夏数十万人の人達が世界中からこの素晴らしい景観を見にやってくるそうです。

朝、目を覚まし外に出ると凪一つたっていなかったこの朝は海が(河というべき?)まるで鏡のようにフィヨルドをそのまま映し出し、まるで時が止まったかのような不思議な感覚の中に一瞬とらわれました。ひとつひとつの緑が、滝の流れが、鳥がくっきりと目に飛び込んで来る様に心が震える感じです。

写真ではその様子を伝えるのは難しいのですが、こんな感じでした。

Img_0904  朝の写真。少し曇り気味で小雨も降る。
雲がかかっていても、海面はそのフィヨルドの姿をそのまま映し出す。


Img_0935午後になって晴れ間がのぞく。仕事を抜けて写真を撮る。



Img_09427月中旬、山の頂上にはまだ雪が残る。



Img_0933_2フィヨルドは氷河によって形成されたU字谷が沈水して形成された。海岸線は湾の奥を除いて断崖絶壁で水深はかなり深い。(ソグネ・フィヨルドで1,000mもある)




Img_0936 出航する様子。

Geirangerfjordは15km続く。












次回は、アイスランドの北部の町、Akureyriについて報告します。

|

« いよいよ・・・ | トップページ | アイスランド (Akureyriアクレリ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016828/30988186

この記事へのトラックバック一覧です: バカンスの報告 :

« いよいよ・・・ | トップページ | アイスランド (Akureyriアクレリ) »