« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

品性疑うノルウェー人の行動

週末のオスロの夜は嫌いだ。

とにかく酔っ払いが多い。ノルウェー人は酔うと性質が悪い・・・というか酔っ払いは性質が悪いのが常だけど、何故こんなに理性を失うまで飲むのか私には不思議でたまらない。
時に激しく迷惑な時がある。

週末はレストランも忙しいので私達の帰宅時間は翌日1時、2時になる事が多いのだけれど、その時間は若者達はバーの外まで行列をつくって入店を待っている。

また既に泥酔した輩も多い。1週間前にカップルのうちの女性が道のど真ん中で、吐きながら歩いているのを見かけた。彼氏らしき奴はただ彼女を支えてるだけで、脇に寄せるわけでもない。

昨日は、レストラン近くの木立がある通りで女性がウ○コをしているのを見かけてしまった。(モノを見た訳ではないけれど、あの角度とポーズからいって間違いない)ここは一体どこなんだ???
トイレが無い山でも海でもないのだ。ここはオスロ、一国の首都なんだぞ。木立を言えどその姿はそこを通る人達に丸見えなのだ。全く迷惑極まりない。

こんなのがいるから私達のレストランでも、トイレがあるにも関わらずトイレのタオルにウ○コ(これも女性トイレだった)したりする奴がいても全く不思議じゃないのだ。しかも2度。

どんなに着飾ってハイヒールやミニスカートを履いたって、疲れたからって道端に座れば見苦しいだけだ。大抵は10代20代前半らしき若者ばかりの行為だけれど・・・。

勿論すべてのノルウェー人がそうなわけないし、この話をして顔をしかめない同僚はいなかったけれど、私の勝手に思い描いていたちょっと高潔な感じのノルウェー人の品性は週末のオスロを見る度に見事に崩れていくのだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »